妊婦整体・産後骨盤矯正 症例集

産後の腰痛

産後の腰の激痛 ぎっくり腰で歩けない【症例7】横浜市 東戸塚

 

【症例7】

30代 横浜市 東戸塚 

 

【初回】

2017年11月 

 

【症状の特徴と経過】

第二子。紹介により産後9か月目に予約。三日前にぎっくり腰になった。立ち上がれず、歩行困難な状態。洗濯物を取り込む際に手を伸ばした瞬間に、ズキッとしてそのまま動けなくなった。いまは赤ちゃんの抱っこも出来ずに、ハイハイしながらかろうじて移動している。ぎっくり腰になる前は、おんぶが12時間ほど続き、疲れがかなり溜まっていたとのこと。くしゃみや咳をすると、腰に激痛が走る。 

 

産後腰痛症例7.jpg

 

【既往歴】

特になし 

 

【施術の内容と経過】

赤ちゃんが心配そうに見守る中、まず最初にシムス位で骨盤調整を行う。これだけで腰が軽くなり、寝返りが出来るようになる。仰向けになり、各種テスト・検査後に活法の調整を行う。可動範囲が拡がり、動きやすく軽くなった。また左のお尻にみられた圧痛がかなり軽減していることもお互いに確認できた。さらに腹部の調整も行った。 

 

術後に起き上がってもらうと、自らの力で立つことが出来るようになった。そしてそのまま痛みを感じることなく、歩くことが出来、大きな笑顔がみられた。 

 

【著しい効果が見られた活法など】

膝裏の凝りとりの導引、梨状筋の導引、骨盤回し、側腹調整など 

 

【まとめと考察】

産後のぎっくり腰の症例。ぎっくり腰は、必ずしも重いものを持つときに起こるわけではなくて、おじぎをしたり、手を伸ばす程度の動きでも起こることがある。またぎっくり腰は、急に起こるわけではなくて必ず予兆があり、発症に至るだけの原因がある。 

 

この方の場合、長時間の抱っこやおんぶ、長時間の同じ姿勢などにより、腰部からお尻にかけての筋肉が過剰に緊張して、筋バランスが崩れていた。育児を女性一人が負担していると、つい頑張りすぎてしまう。からだの声を聞くことが大事である。 

 

痛みが引いて少しでも動けるようになったら、安静にしているだけではなくて、動くことが肝要だ。ぎっくり腰になると、また同じことが起こるのではないかと、炎症がひいて動けるようになっても腰を庇うようになりがちだ。しかしその事でかえって腰を痛めてしまったり、腰痛が慢性化することもある。 

 

再発を防ぐには、メンテナンスやセルフケアを行うだけではなくて、日常のからだの使い方から改善していく必要があるだろう。 

 

※症例について

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験と、整体を受けた個人の感想であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。

 

他の【産後の腰痛】の症例を読む

 

【産後の腰痛は骨盤が原因?ママが知りたい産後の腰痛対策 最新版】

今日の予定
タップしてLINEで予約する HOME