妊婦整体・産後骨盤矯正 症例集

妊婦 切迫早産・お腹の張り

妊婦 切迫早産と腰痛【症例6】江東区 豊洲 東雲

 

【症例6】

江東区 豊洲 東雲

 

【初回】 

2017年3月 

 

【症状の特徴と経過】 

第二子。ネット検索により24週目で予約。主訴は、切迫早産と腰痛。切迫で二週間ほど入院していた。お腹の張りはない。つわりはひどかった。食べづわり。全身がだるく、凝っている感じ。

 

切迫早産症例6.jpg

 

【既往歴】

パセドウ病 

 

【施術の内容と経過】

各種テスト・検査後に、まずは活法で腰痛パターンの調整を行う。その後、骨盤全体の調整を行った。梨状筋付近の調整を行うと、とても気持ちがよいとのこと。運動不足により、肩甲骨周辺に緊張がみられたため、これらを弛めるための手技も施した。施術後は、かなり呼吸がしやすいとのこと。継続的な施術を希望され、12回のコースで予約。

 

【著しい効果が見られた活法】

膝裏の凝りとりの導引(左右)、外腹斜筋の導引(左)、梨状筋の導引(左)、骨盤回し(左右) 、肩回し(左右)

 

【まとめと考察】

この方は、二週間ほど切迫早産で入院していた。子宮頚管長は15㎜までになったが、お腹の張りはない。腰の痛みは、初回の施術後にかなり軽減したが、上の子どもを抱っこする機会も多くあり、たまに痛くなるときがある。

 

その後、子宮頚管長は35㎜までになったが、30週を過ぎた頃に風邪をひき、咳が長く続き、全身が凝っている感じで、骨をバキバキ鳴らしたいような感覚が続いた。

 

34週時には、お腹が硬く冷たい感じがあった。病院からはウテメリンを処方されていたが、子宮頚管長が15㎜までになり、切迫傾向が進み、お産がかなり早まる可能性も予想された。

 

だが結果的には、予定日よりも10日ほど早まっただけであった。陣痛に気づいてから、四時間ほどで赤ちゃんは生まれた。

 

※症例について

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験と、整体を受けた個人の感想であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。

 

他の【妊婦 切迫早産・お腹の張り】の症例を読む

 

切迫早産と整体 自宅安静中でも出来るストレッチや運動とは?

今日の予定
タップしてLINEで予約する HOME