妊婦整体・産後骨盤矯正 症例集

産後の腰痛

産後の腰痛【症例1】横浜市 東戸塚

 

【症例1】 

30代 横浜市 東戸塚

 

【初回】

2017年3月 

 

【症状の特徴と経過】

初産。妊娠中から腰痛とむくみがあり、産後二週間目に紹介により予約。また妊娠中から便秘気味で、薬を服用。計画分娩の予定であったが、予定より12日早く、自然分娩で出産。妊娠中は骨盤ベルトを着用。産休ギリギリまで、デスクワークであった。 

 

【既往歴】 

特になし

 

【施術の内容と経過】 

各種テスト・検査後に、まずは活法での「膝裏の凝りとり」の調整を行う。続いて、活法で梨状筋の調整、シムス位にて骨盤調整を行った。骨盤周辺の筋肉の硬直が緩和し、各種検査の可動域の大幅な改善がみられた。それにともない、痛みも消失した。その後、継続的に整体を受けた。姿勢によっては、腰に疲れがみられる場合があったが、当初の痛みは軽減した。 

 

【著しい効果が見られた活法】 

膝裏の凝りとりの導引(左右)、梨状筋の導引(左右)、骨盤回し(左右) 

 

【まとめと考察】

産後の腰痛は、ほとんどの産後の女性にみられる。産後はとくに骨盤後傾姿勢になりやすい。その上、授乳や抱っこでさらに骨盤後傾が強くなるケースもある。座った時間が長くなり、股関節が屈曲する姿勢を多くとる。そのため、腸腰筋が短縮し、腰痛の引き金になる。また、初産婦は、慣れない育児で腱鞘炎や肩凝りなどにもなりやすいので、出来るだけ早い段階で身体の癖や筋肉の過緊張を取り除く必要がある。全六回で腰痛はほぼ消失した。産後2ヶ月で妊娠前のパンツがはけるようになったとの報告があった。

 

※症例について 

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。

 

他の【産後の腰痛】の症例を読む

 

初めての方へ

DSC00383.JPG

感想(movie)

hibikiseitai101.jpg

料金のご案内​

2.jpg

トップページ

複数写真_1.jpg

 

響気ユーザーのお産ストーリー

kansou5.jpg kansou1.jpg kansou2.jpg kansou9.jpg kansou3.jpg kansou7.jpg
今日の予定
タップしてLINEで予約する HOME