整体エクササイズ動画(VLOG)

産後の腰痛

産後の腰痛を寝ながら改善するストレッチ体操3選!

産後の腰痛を寝ながら改善白文字.jpg

産後の腰痛を寝ながら簡単に改善するためのストレッチ・体操をお伝えします。

産後は赤ちゃんを抱っこしたり、おむつを替えたり沐浴したりなど、腰回りに負担がかかる動作が多くなりますよね。

前かがみになる時間が多かったり、授乳時に座ったまま長時間動かないで同じ姿勢でいることも多いため、いっそう腰に負担がかかります。

腰が痛いとついつい腰自体に原因があると思いがちですが、腰痛の原因は腰以外のところにあることも多いです。

とくに産後は運動不足でお尻の筋肉が硬くなったり、お腹の奥にある深層の筋肉、いわゆるインナーマッスルがうまく使えていないことが多く、それらが原因で腰痛になる方がたくさんいます。

腰が痛いから腰を揉んだりマッサージすればいいというものではないのですね。

腰痛の体操やストレッチはたくさんあるのですが、まずは寝ながらできるカンタンな腰痛ストレッチ体操3つをやってみてくださいね!

寝起きにやったり、長時間同じ姿勢で腰が疲れた時などに試してみてください。

毎日の習慣にすることで、整体に通わなくても自分で腰痛を解消することができますよ。

やり方はこちらから!



産後の腰痛の原因はお尻?

産後の腰痛の原因はお尻?.jpg

お尻の筋肉をほぐして、産後の腰痛を整体に通わずに3秒で改善するためのセルフケアをお伝えします。

赤ちゃんのお世話で、産後に腰痛になる方が多いです。

産後はソファなどに座った状態で授乳をする機会がたくさんありますよね。

でも、座ったまま30分も同じ姿勢で動かないでいると、お尻の筋肉が硬くなってしまいます。

お尻の筋肉は骨盤を支える筋肉ですが、ここが硬くなると骨盤の歪みに結びつくだけではなくて、腰痛の大きな原因になります。

なので、お尻の筋肉の緊張をとることが腰痛改善の近道となります。

動画でお伝えするのは、お尻の筋肉を外側からマッサージしてほぐす方法ではありません。

自分自身でお尻の筋肉の緊張や硬さをとるためのタオルを使ったセルフケアです。

慣れるまでに少しコツがいりますが、これをやれば腰が痛いからといって整体に通わなくても済みますし、自分自身で腰痛を改善することが出来ますよ。これをやると足も上げやすくなり、腰が軽くなるのが実感できると思います。

ぜひやってみてください!


産後のおむつ替えや抱っこで、前かがみになって腰が痛いあなたへオススメの腰痛体操とは?

産後のおむつ替えで腰が痛いあなたへ.jpg
産後は毎日あかちゃんのお世話で腰に負担がかかりますよね…。

とくにおむつ替えでは、中途半端に体を前に屈めて中腰になります。

また体を前傾して赤ちゃんを抱えたり、抱っこした状態からベッドに寝かせる時も中腰になるので腰に負担がかかります。

この前屈みになる不自然な姿勢こそが、実は一番腰に負担がかかるのですね…

これが一日の中で何度もあり、さらに毎日のことなので、負担が蓄積してしまいます。

その結果、産後に腰痛が慢性化してしまうわけです。

今日お伝えする体操は、おむつ替えなどで前屈みになると腰が痛いというあなたのための腰痛体操です。

やり方は、とってもカンタンです。

腰に手を当てて、体を少し前に倒して、膝を曲げ伸ばしするだけ

たった10秒で出来てしまいます。これだけで硬くなっていた腰の緊張が取れて、ふわっと腰回りが柔らかくなりますよ。

毎日のおむつ替えで腰が痛いあなたも、日々の生活の中で習慣にしてみてくださいね!



産後の腰痛を自分でカンタンに改善するストレッチ体操

産後の腰痛改善法.jpg

産後の腰痛の原因の一つとして、お腹の前から足の付け根にかけての筋肉が縮んで伸びづらくなっていることが挙げられます。

産後は授乳などで座っている時間が長くなりますよね。

座っている時間が長くなると、この大腰筋という筋肉がうまく使えていないのですね。

とくに反り腰気味の方は、この大腰筋がうまく使えていないことが多いです。

また太ももの前も硬くなっていることがあるので、ここを伸ばすようにすると産後の腰痛も改善されていきますよ。

とても簡単なので、ご自身でもやってみてくださいね!

やり方はこちらの動画で解説しています!


産後の腰痛を自分で改善するセルフケア、太もも裏を伸ばすストレッチ体操のやり方

産後の腰痛太もも裏ストレッチ.jpg
産後の腰痛をタオルを使って自分で改善するセルフケア、太もも裏のストレッチ体操のやり方をお伝えします。

産後に腰痛になる方はとても多く、いくつかの原因が複合的に絡んで腰の痛みが出てしまいます。

中でも、太ももの裏側の筋肉の硬さが産後の腰痛の原因になっている場合があります。

産後はソファなどに座っている時間も長く、あまり歩かないので運動不足になりやすいですよね。

骨盤が後ろに傾いて、太ももの裏側の筋肉(ハムストリングス)が縮こまった状態が続くと、それが原因でお尻や腰の筋肉を引っ張ってしまいます。

この太もも裏の筋肉、ハムストリングスを伸ばしてあげることで骨盤の傾きも正しくなっていきます。

そうすればあなたの腰痛も改善されていきますよ。

最初のうちは足が伸びにくくてきついかもしれないので、多少膝が曲がっていてもかまいません。

毎日続けていくうちに、だんだん太もも裏が伸びやすくなって、腰痛も軽くなっていきますので、ぜひあなたも試してみてくださいね。


1
今日の予定
LINEで予約する 24h受付メール予約 HOME