妊婦整体症例集

産後の腰痛

産後の腰痛【症例3】横浜市 東戸塚

 

【症例3】

30代 横浜市 東戸塚

 

【初回】

2017年5月 

 

【症状の特徴と経過】

第二子。第一子の産後にも利用。妊娠中は体重が17キロほど増えた。産後は家族の手伝いなどはなく、上の子の保育園の送り以外の家事は全て行った。メンタル面で不安定な状態が続き、イライラすることが多い。産後半年が経ち、外出する機会も増えてきたが、抱っこ紐を長時間着用していると腰が疲れてくる。 

 

【既往歴】

特になし 

 

【施術の内容と経過】

各種テスト・検査後に活法の腰痛パターンの調整を行う。可動範囲の拡がりが確認できた。さらに骨盤全体の調整、肩甲骨周りの調整を行った。 

 

【著しい効果が見られた活法など】

膝裏の凝りとりの導引(左右)、外腹斜筋の導引(右)、梨状筋の導引(左)、骨盤回し(左右)、肩回し(左右) 

 

【まとめと考察】

第一子に引き続きの利用。初回の時点で、すでに産後半年が経っており、本人は「もっと早くから受けていればよかった」と言っていたが、いつからでも遅すぎるということはない。 

 

産後の腰痛や骨盤周りの諸症状は、さまざまな要因が複合的に絡んでいるため、その要因を一義的に規定することは難しい。腰痛の原因は一つではない。だが、そのうちの一つとして、心理的な要因が何らかの形で関係していることは多々ある。本来、「こころとからだは一つのもの」であり、それを切り離して考えることはできないのだ。 

 

とりわけ、妊娠・出産というタイミングは、女性の心身がダイナミックに変化する時期である。のみならず、生活習慣も生活環境も大きく変わる。初めての妊娠・出産であればなおさらである。妊娠初期のつわり、これから子どもを産み育てていくことの不安、またお腹が大きくなってくることによる身体の不調。さらに仕事を辞めたりなど、生活が大幅に変化するわけだから、そこにはある種の「不安」がともなう。第二子、第三子でも、やはり同じようなことはある。だからこそ、そのような不安は、身近にいる家族やパートナーがその心を受けとめ、心を受け入れて、これを承認していくことが何より大事になる。 

 

だが、その不安が消えなければ、不安はいつしか不平に化け、さらに不満を残す。そして不満が溜まれば、それはいつか溢れるか、爆発する。

 

だから(腰痛の施術だけに限らないが)、痛みや症状の背景にあるものを「観る」必要がある。腰が痛いから腰をみるのではない。表に出ている症状は、あくまで結果に過ぎない。私たちは、たんに表面的な目に見える症状だけを追いかけるのではなくて、柔らかな感情をともなった「生命そのもの」をみているのである。 そういった「まなざし」こそが、妊産婦さんを整体する上で施術者として最も大切なことであると考えている。

 

※症例について

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験と、整体を受けた個人の感想であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。 

 

他の【産後の腰痛】の症例を読む

 

初めての方へ

DSC00383.JPG

感想(movie)

hibikiseitai101.jpg

料金のご案内​

2.jpg

トップページ

複数写真_1.jpg

 

響気ユーザーのお産ストーリー

kansou5.jpg kansou1.jpg kansou2.jpg kansou9.jpg kansou3.jpg kansou7.jpg

産後の腰痛【症例2】中央区 築地 新富町

 

【症例2】

30代 中央区 築地 新富町 

 

【初回】

2017年4月 

 

【症状の特徴と経過】

第一子。紹介により産後四ヶ月目に予約。主訴は慢性的な腰痛。イライラ。抱っこが長時間続くと、痛くなる。産後はゆっくり休めたが、今は家事をすべて行う。旦那さんは仕事が多忙のため、家事と育児の協力は期待できない状況。それも痛みやイライラの原因のひとつ。

 

【既往歴】

特になし

 

【施術の内容と経過】

各種テスト・検査後に、まずは活法で腰痛パターンの調整を行った。その後、大腰筋の調整、大腿部の調整、腹部の調整を行った。術後は可動域の大幅な改善が認められた。 

 

【著しい効果が見られた活法】

膝裏の凝りとりの導引(左右)、外腹斜筋の導引(右)、梨状筋の導引(左) 大腰筋の導引(左)、大腿部突き(左)、腹部調整 

 

【まとめと考察】

産後四ヶ月ともなると、赤ちゃんは生まれたときの体重の約二倍ほどになる。首が据わって、抱っこするのに腕の無駄な力が抜けるが、その分、重くなっているから負担は増す。

 

この方の場合は、妊娠前・妊娠中に腰痛はみられなかったが、産後に長い時間抱っこする機会が多く、足腰に疲労が蓄積するようになった。また、出歩く機会もまだ少なく、ほとんど歩かない生活をしていることから、腸腰筋の短縮がみられたため、これを調整した。術後は身体が軽くなり、「なんか楽!」と嬉しそうに笑った。 

 

産後のストレスから甘いものを食べることも多く、痛みに対して過敏になっている傾向もあるのようであった。糖質過多になると、痛みに対して過敏になる傾向がある。疲れると、何となく(心理的に)甘いものを食べたくなるものだが、過度になり過ぎないように注意が必要だ。 

 

産後数ヵ月して、少しづつ子育てに慣れてきても、身体の疲れは次第に蓄積していく。赤ちゃんは可愛いが、何でも自分の思い通りにはならない。なかなか寝てくれない時もあるし、抱っこでやっと寝たと思って布団に降ろしたら、またすぐ目が覚めて泣いて、一からやり直し…。そんなことは日常茶飯事だ。

 

一人で子育てをしていると、イライラすることも当然ある。そのイライラを一時的に解消するために、ついつい甘いものが食べたくなる。そうするとまた痛みを感じやすくなる…。もちろん、過剰な食事制限をする必要はないが、やはり食生活は大事である。 

 

また僅かな時間を利用して、自分自身でも体操を行うなどの意識も必要となってくる。腰痛対策の簡単な体操をお伝えして、この日は終了した。産後6回のコースで予約。 

 

※症例について

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験と、整体を受けた個人の感想であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。 

 

他の【産後の腰痛】の症例を読む

 

初めての方へ

DSC00383.JPG

感想(movie)

hibikiseitai101.jpg

料金のご案内​

2.jpg

トップページ

複数写真_1.jpg

 

響気ユーザーのお産ストーリー

kansou5.jpg kansou1.jpg kansou2.jpg kansou9.jpg kansou3.jpg kansou7.jpg

産後の腰痛【症例1】横浜市青葉区 青葉台

 

【症例1】 

30代 横浜市 青葉台

 

【初回】

2017年3月 

 

【症状の特徴と経過】

初産。妊娠中から腰痛とむくみがあり、産後二週間目に紹介により予約。また妊娠中から便秘気味で、薬を服用。計画分娩の予定であったが、予定より12日早く、自然分娩で出産。妊娠中は骨盤ベルトを着用。産休ギリギリまで、デスクワークであった。 

 

【既往歴】 

特になし

 

【施術の内容と経過】 

各種テスト・検査後に、まずは活法での「膝裏の凝りとり」の調整を行う。続いて、活法で梨状筋の調整、シムス位にて骨盤調整を行った。骨盤周辺の筋肉の硬直が緩和し、各種検査の可動域の大幅な改善がみられた。それにともない、痛みも消失した。その後、継続的に整体を受けた。姿勢によっては、腰に疲れがみられる場合があったが、当初の痛みは軽減した。 

 

【著しい効果が見られた活法】 

膝裏の凝りとりの導引(左右)、梨状筋の導引(左右)、骨盤回し(左右) 

 

【まとめと考察】

産後の腰痛は、ほとんどの産後の女性にみられる。産後はとくに骨盤後傾姿勢になりやすい。その上、授乳や抱っこでさらに骨盤後傾が強くなるケースもある。座った時間が長くなり、股関節が屈曲する姿勢を多くとる。そのため、腸腰筋が短縮し、腰痛の引き金になる。また、初産婦は、慣れない育児で腱鞘炎や肩凝りなどにもなりやすいので、出来るだけ早い段階で身体の癖や筋肉の過緊張を取り除く必要がある。全六回で腰痛はほぼ消失した。産後2ヶ月で妊娠前のパンツがはけるようになったとの報告があった。

 

※症例について 

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。

 

他の【産後の腰痛】の症例を読む

 

初めての方へ

DSC00383.JPG

感想(movie)

hibikiseitai101.jpg

料金のご案内​

2.jpg

トップページ

複数写真_1.jpg

 

響気ユーザーのお産ストーリー

kansou5.jpg kansou1.jpg kansou2.jpg kansou9.jpg kansou3.jpg kansou7.jpg
1
今日の予定