妊婦整体症例集

産後の骨盤ケア

産後骨盤ケア【症例1】墨田区 押上 とうきょうスカイツリー

 

【症例1】

30代 墨田区 押上 とうきょうスカイツリー 

 

【初回】

2017年5月 

 

【症状の特徴と経過】

第一子。紹介により産後12日目に予約。主訴は左殿部の痛み。出産前から腰痛があった。妊娠中にもぎっくり腰になり、左のお尻が痛かった。産後は、扁平に開いて垂れたお尻と骨盤が気になっいる。おおむね順調に回復しているが、骨盤のゆるみや尿漏れ、寝て起き上がる時の下腹部や足の付け根の痛み、歩行時の左のお尻下部の痛みが、時にびっこをひくような状態になる。授乳で長時間座った際に会陰の傷をかばって座る姿勢も影響している。この機会に骨盤を正しく整え、痛みを解消し、将来のための骨盤の回復とともに、お尻を引き締めていきたいとのこと。トコちゃんベルトは妊娠中から使用。産後は就寝時も装着している。 

 

【既往歴】

特になし

 

【施術の内容と経過】

各種テスト・検査後に、まずは活法で腰痛パターンの調整を行う。座っている状態から立ち上がるときに、特に違和感が出るということから、中殿筋の調整も行った。その後、骨盤全体の調整を施した。殿部の圧痛が軽減し、可動域の大幅な変化が認められた。術後に立ち上がって第一歩目を踏み出すと「あれ、すごい動きやすい」とのこと。 

 

【著しい効果が見られた活法】

膝裏の凝りとりの導引(左右)、外腹斜筋の導引(右)、梨状筋の導引(左) 中殿筋の導引、骨盤回し(左) 

 

【まとめと考察】

まだ産後12日目で、骨盤回りが不安定な時期。よくも悪くも変化しやすいが、しばらくは特に姿勢には注意が必要。骨盤ベルトを装着すると、ある程度は骨盤が安定するが、付け方や締めすぎには注意が必要。 

 

可動域の検査は、術後に大きな変化が認められ、また圧痛も大幅に軽減した。術後は、かなり動きやすくなった模様。だが、まだしばらくは、骨盤ケアが必要であろう。 

 

※症例について

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験と、整体を受けた個人の感想であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。 

 

初めての方へ

DSC00383.JPG

感想(movie)

hibikiseitai101.jpg

料金のご案内​

2.jpg

トップページ

複数写真_1.jpg

 

響気ユーザーのお産ストーリー

kansou5.jpg kansou1.jpg kansou2.jpg kansou9.jpg kansou3.jpg kansou7.jpg
1
今日の予定