妊婦整体症例集

妊婦の坐骨神経痛、しびれ

妊婦の坐骨神経痛 【症例6】歩けない 中央区 勝どき 月島

 

【症例6】

30代 中央区 勝どき 月島 

 

【初回】

2017年10月 

 

【症状の特徴と経過】 

第一子。ネット検索により妊娠26週目(7ヶ月)に予約。主訴は、右坐骨神経痛で歩けない。子宮口にポリープがあり、接合部からの不正出血があるが、胎児はとても元気とのこと。出血のため1ヶ月間自宅安静にしていた。それまでは、全く何の問題もなかった。 

 

1週間程前から右足の付け根、坐骨辺りに痛みがあり、昨日の妊婦定期検診中から足がつけないほどの痛みで、歩くこともままならなくなった。 

 

そのまま急場凌ぎで、予約のとれた妊婦対応の整体にタクシーで行き、トコちゃんベルトⅡを購入して着け、習った運動もしているが良くならず、非常に日常生活に支障を来している。朝型が一番辛い。視力は悪く、眼鏡使用。 

 

妊婦の坐骨神経痛【症例6】.jpg

 

【既往歴】

ぎっくり腰

 

【施術の内容と経過】

各種テスト・検査後に、まずは活法で腰痛パターンの調整を行う。その後、骨盤全体の可動性をよくする手技を施した。また肩周りの筋肉とお尻の筋肉の相関性があることから、小円筋の調整を施した。術後は起き上がりやすく、また歩く際も違和感がなくなり、痛みはほぼその場で消失した。

 

【著しい効果が見られた活法】

膝裏の凝りとりの導引、梨状筋の導引、骨盤回し 、肩回し、小円筋ゆるめ

 

【まとめと考察】

施術後に大幅な改善がみられた一例。 

 

この方は自宅安静を余儀なくされて、出歩かない生活になったこともあり、やることがないので趣味で和裁をしていた。集中すると5~6時間も同じ姿勢を取り続けることもあったという。 

 

しかし、それでは骨盤周りや下半身の血流も滞る。動かずにじっとしていると、お尻の筋肉は緊張して硬くなってしまう。もちろん不正出血があるので無理をすることは出来ないが、坐骨神経痛の症状を良くするためには、動くことも大事である。動かずに今までと同じような生活習慣や姿勢を取っていれば、症状が再発することは避けられない。 

 

また朝型冷えやすい時期は、とくに注意が必要である。自分自身で簡単な体操を行ったり、セルフケアをするなどの自己努力も必要だ。 

 

※症例について

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験と、整体を受けた個人の感想であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。

 

他の【妊婦の坐骨神経痛】の症例を読む

 

妊婦の坐骨神経痛対策はこれだ!お尻が痛い、歩けない妊婦さんへ

 

初めての方へ

DSC00383.JPG

感想(movie)

hibikiseitai101.jpg

料金のご案内​

2.jpg

トップページ

複数写真_1.jpg



響気
ユーザーのお産ストーリー

kansou5.jpg kansou1.jpg kansou2.jpg kansou9.jpg kansou3.jpg kansou7.jpg

妊婦の坐骨神経痛【症例5】港区 麻布十番

 

【症例5】

30代 港区 麻布十番 

 

【初回】

2016年12月 

 

【症状の特徴と経過】

第一子。ネット検索により20週目に予約。主訴は坐骨神経痛。痺れはない。腰痛は妊娠前からある。手足の冷えもあり。疲れると左腰に違和感が出る。もともと生理痛がひどくて、救急車で運ばれたこともある。ダンスの講師で、妊娠前から整体をよく利用していた。

 

【既往歴】

特にないが、生理痛はかなり重い 

 

【施術の内容と経過】

各種テスト・検査後に活法の腰痛パターンの調整を行う。可動範囲の拡がりが確認できた。その後、坐骨神経痛に特化した手技を施した。さらに骨盤全体の調整を行った。術後は、動きやすくなったものの、定期的な施術が必要な状態であったため、これを提案した。12回のコースで予約。

 

【著しい効果が見られた活法など】

膝裏の凝りとりの導引(左右)、外腹斜筋の導引(右)、梨状筋の導引(左)、坐骨挙げ(左)、骨盤回し(左右) 

 

【まとめと考察】

この方は、ダンスを長年行っており、妊娠前から腰を痛める機会が多く、いろいろな整体院に通っていたとのこと。 

 

施術後は、動きやすくなるものの、症状は一進一退を繰り返した。お尻以外にも、恥骨にも痛みが出てきた。しかし、必要以上に悪化することはなく、さらしを巻いたり、体操を行うことで妊娠後期を何とか過ごした。 

 

そしてお産は予定日の八日前の早朝に、破水から始まった。入院後、五分間隔だった陣痛が一旦遠退き、そのため陣痛促進剤をほんの少しだけ使用した。その後は、一気にお産が進んで、一時間半で赤ちゃんは生まれた。病院のお医者さんからは「誇りに思って良い」と誉められたそうである。 

 

※症例について

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験と、整体を受けた個人の感想であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。

 

他の【妊婦の坐骨神経痛】の症例を読む

 

妊婦の坐骨神経痛対策はこれだ!お尻が痛い、歩けない妊婦さんへ

 

初めての方へ

DSC00383.JPG

感想(movie)

hibikiseitai101.jpg

料金のご案内​

2.jpg

トップページ

複数写真_1.jpg

 

響気ユーザーのお産ストーリー

kansou5.jpg kansou1.jpg kansou2.jpg kansou9.jpg kansou3.jpg kansou7.jpg

妊婦の坐骨神経痛【症例4】横浜市青葉区 たまプラーザ あざみ野

 

【症例4】

30代 横浜市青葉区 たまプラーザ あざみ野

 

【初回】

2017年5月 

 

【症状の特徴と経過】

第一子。ネット検索により38週目で予約。保育士で、もともと腰痛持ちだったが、30週を越えたあたりから腰が痛くなってきた。そして昨日から、お尻から足にかけて急な激しい痛みに襲われ、全く動けなくなってしまった。痛みは左側のみで、起き上がるにも引っ張られるような痛みがある。寝返り、少し起き上がるのがやっとで、座る姿勢が一番痛くて出来ない。また左側は膝あたりまで痺れて、力が入らない。病院へ行くにも動けないので、困っている。痺れが取れる気配もなく、範囲が広がってきてしまい、不安で仕方ない。かかりつけの病院へ連絡しても、骨盤を固定して、とりあえず様子を見るくらいしか手立てがないとのこと。病院では整形外科の受診を勧められた。 

 

【既往歴】

特になし 

 

【施術の内容と経過】

各種テスト・検査後に活法の腰痛パターンの調整を行う。これだけでかなり可動範囲が拡がった。仰向けで足を伸ばしても、きつくなくなる。また坐骨神経痛に特化した手技を施した。その後、骨盤全体の調整を行った。 

 

【著しい効果が見られた活法など】

膝裏の凝りとりの導引(左右)、外腹斜筋の導引(左)、梨状筋の導引(左)、坐骨挙げ(左)、骨盤回し(左) 

 

【まとめと考察】

歩くことが困難なため、母に家まで来てもらい、心配して見守る中で施術開始。活法の腰痛パターンの三手だけでも、かなり症状が緩和され、変化が出ていたので、本人もお母さんも驚いた様子。「さっきと全然違う!」 

 

さらに骨盤調整をした後に、立ち上がって歩いてもらうと、痺れは若干残るものの、ほとんど普通に歩けるようになった。お産まで間もないが、継続的な施術が必要である判断した。なおかつ、その上でセルフケアも行う必要があるため、これらをいくつか指導して、初回は終了した。 

 

※症例について

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験と、整体を受けた個人の感想であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。 

 

他の【妊婦の坐骨神経痛】の症例を読む

 

妊婦の坐骨神経痛対策はこれだ!お尻が痛い、歩けない妊婦さんへ 

 

初めての方へ

DSC00383.JPG

感想(movie)

hibikiseitai101.jpg

料金のご案内​

2.jpg

トップページ

複数写真_1.jpg

 

響気ユーザーのお産ストーリー

kansou5.jpg kansou1.jpg kansou2.jpg kansou9.jpg kansou3.jpg kansou7.jpg

妊婦の坐骨神経痛【症例3】右尻のこり 横浜市戸塚区 東戸塚

 

【症例3】

40代 横浜市戸塚区 東戸塚

 

【初回】

2016年10月 

 

【症状の特徴と経過】

第一子。25週目で予約。主訴は、右尻のこり、坐骨神経痛。痺れはなし。慢性的に背中、肩、首の緊張がある。視力は悪い。文筆業で、パソコンに向かってじっとしている時間が長い。里帰り出産予定。

 

【既往歴】

特になし 

 

【施術の内容と経過】

各種テスト・検査後に、まずは活法で腰痛パターンの調整を行う。坐骨神経痛に特化した手技を施した後に、骨盤全体の調整を行った。各種検査の可動域の改善がみられた。現状よりも悪化しないために、各種セルフケアの指導も行った。

 

【著しい効果が見られた活法】

膝裏の凝りとりの導引(左右)、外腹斜筋の導引(左)、梨状筋の導引(右)、坐骨挙げ(右)、骨盤回し(左右)、肩回し(左右)

 

【まとめと考察】

文筆業ということで、机に向かっている時間が長く、お尻の筋肉をほとんど働かせていない状態であった。梨状筋をはじめ、殿筋はかなり硬直しており、そのため坐骨神経を圧迫しているのではないかと判断した。

 

また、日頃から目を酷使しているため、首から肩・背中にかけての緊張もかなり強かった。寝る前に蒸しタオルを目に当てるなど、セルフケアを行ってもらうよう指導した。

 

二回目の施術の際は、お尻の痛みや違和感は、ほぼ消失しており、日常生活に支障がなくなっていた。その後、里帰りのため整体を受けられなくなったが、支障なくマタニティライフを過ごし、無事にお産をむかえることが出来た。

 

※症例について

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。

 

他の【妊婦の坐骨神経痛】の症例を読む

 

妊婦の坐骨神経痛対策はこれだ!お尻が痛い、歩けない妊婦さんへ 

 

初めての方へ

DSC00383.JPG

感想(movie)

hibikiseitai101.jpg

料金のご案内​

2.jpg

トップページ

複数写真_1.jpg

 

響気ユーザーのお産ストーリー

kansou5.jpg kansou1.jpg kansou2.jpg kansou9.jpg kansou3.jpg kansou7.jpg

妊婦の坐骨神経痛【症例2】朝が一番辛い 江東区 豊洲

 

【症例2】

30代 江東区 豊洲

 

【初回】

2016年12月 

 

【症状の特徴と経過】

第一子。35週目で予約。主訴は、腰痛。坐骨神経痛。左足の痛み。少し痺れあり。また左踵に違和感がある。腰は、年に一回ぐらいギックリ腰のようになることがある。妊娠2ヶ月目にもなった。32週頃から、調子が悪くなってきた。立ち上がる時や寝返りをうつときが辛い。特に朝が一番痛い。トコちゃんベルトを使用しているが効果はみられない。妊娠前は、かなりお酒を嗜んでいた。好食家。甘いものも好き。12回のコースで予約。

 

【既往歴】

ギックリ腰 

 

【施術の内容と経過】

各種テスト・検査後に、まずは活法で腰痛パターンの調整を行う。坐骨神経痛に特化した手技を施した後に、骨盤全体の調整を行った。各種検査の可動域の改善がみられ、施術前よりも歩くのがかなり楽になった。左踵の違和感は抜けなかったので、お産まで短い期間であったが、妊娠中に回数多く施術する機会を設けた

 

【著しい効果が見られた活法】

膝裏の凝りとりの導引(左右)、外腹斜筋の導引(左)、梨状筋の導引(左)、坐骨挙げ(左)骨盤回し(左右) 

 

【まとめと考察】

この方の場合は、妊娠前から腰痛があり、ギックリ腰も何度もなるなど、かなり骨盤周りのバランスが悪い状態であった。左踵の感覚がなくなる、むくんで足に力が入らないなど、かなり重症化したが、歩行困難になることだけは何とか免れた。毎回施術後は、動きもスムーズになり、笑顔が見られるようになった。お産への不安な気持ちが強いと、痛みも感じやすくなる。また食べ過ぎたり、糖質過多になると、症状が悪化するようなケースもあるので、食生活の改善など生活習慣の指導も行った。

 

※症例について

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。

 

他の【妊婦の坐骨神経痛】の症例を読む

 

妊婦の坐骨神経痛対策はこれだ!お尻が痛い、歩けない妊婦さんへ 

 

初めての方へ

DSC00383.JPG

感想(movie)

hibikiseitai101.jpg

料金のご案内​

2.jpg

トップページ

複数写真_1.jpg

 

響気ユーザーのお産ストーリー

kansou5.jpg kansou1.jpg kansou2.jpg kansou9.jpg kansou3.jpg kansou7.jpg

妊婦の坐骨神経痛・お尻が痛い【症例1】 中央区 勝どき

 

【症例1】 

30代  中央区 勝どき

 

【初回】

2016年3月 

 

【症状の特徴と経過】

第一子。紹介により36週目に予約。高校生の時から坐骨神経痛の症状があり。左のお尻から大腿、下肢にかけての痺れもあった。現在は痺れはないが、左をかばっている内に、右も痛くなってきた。片足に重心がかかるとお尻の上が気になるという主訴。痛みがあるものの、にこやかで落ち着いている。メンタル面での芯の強さを感じさせる。 

 

【既往歴】

特になし

 

【施術の内容と経過】

各種テスト・検査後に、まずは活法で腰痛パターンの調整を行う。また坐骨神経痛に特効の手技を施した。その後シムス位にて骨盤調整を行った。骨盤周辺の筋肉の硬直が緩和。各種検査の可動域の大幅な改善がみられた。多少、違和感は残るものの、動きやすく歩きやすくなった。「さっきと全然違う」とは本人の弁。

 

【著しい効果が見られた活法】 

膝裏の凝りとりの導引(左右)、外腹斜筋の導引(右)、梨状筋の導引(左右)、坐骨挙げ(左右)、骨盤回し(左右)、肩回し(左右)、 

 

【まとめと考察】

妊娠中後期に坐骨神経痛の症状が出る妊婦は多い。梨状筋周辺に緊張がみられ、お尻が重く、硬くなる。重症化すると、歩けなくなる方もいる。この方の場合は、10代の時から痺れなどの症状があった。腰やお尻に痛みがあると、寝返りをうつのが難しくなることもある。

 

しかし「夜中に寝苦しくて起きることが減り、ぐっすり眠れて身体も軽くなりました。足腰も痛みが減り、楽になりました。」と初回の数日後にメールで報告があった。妊娠中にもう一度、施術を行ない、お産は初産としては安産であった。産後は継続的なケアとメンテナンスを行っている。

 

※症例について 

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。

 

他の【妊婦の坐骨神経痛】の症例を読む

 

妊婦の坐骨神経痛対策はこれだ!お尻が痛い、歩けない妊婦さんへ 

 

初めての方へ

DSC00383.JPG

感想(movie)

hibikiseitai101.jpg

料金のご案内​

2.jpg

トップページ

複数写真_1.jpg

 

響気ユーザーのお産ストーリー

kansou5.jpg kansou1.jpg kansou2.jpg kansou9.jpg kansou3.jpg kansou7.jpg
1
今日の予定
タップして無料電話相談する メールで初回体験予約をしてみる