妊婦整体・産後骨盤矯正 症例集

妊婦の腰痛

妊婦の腰痛【症例5】中央区 勝どき 月島

 

【症例5】

30代 中央区 勝どき 月島

 

【初回】

2017年4月 

 

【症状の特徴と経過】

第一子。32週目に紹介により予約。主訴は腰痛・足の付け根の痛み・肩こり。約1ヶ月間、切迫早産の診断で入院をしていた。現在は早産の兆候はみられないと診断されているが、出来るだけ無理はしないようにと医者から言われている。コンタクト常用。

 

【既往歴】

特になし

 

【施術の内容と経過】

各種テスト・検査後に、まずは活法で腰痛パターンの調整を行う。その後、骨盤全体の調整を行った。また肩周りの緊張を取るための手技を施した。腰の痛み、足の付根の痛みは、ほぼ消失し、肩周りはすっきりと軽くなった。12回のコースで予約。

 

【著しい効果が見られた活法】

膝裏の凝りとりの導引(左右)、外腹斜筋の導引(右)、梨状筋の導引(右)、骨盤回し(左右)、肩回し(左右)

 

【まとめと考察】

この方は、切迫早産で一ヶ月ほど入院生活を送っていた。ほぼ寝たきりの生活をしていたため、全身の筋肉の緊張がみられた。人間の体は、使わなければ衰えてしまう。決して無理をすることはないが、動ける時は動き、動かせるところは動かさないと、筋肉は正常に働かなくなってしまう。出産も産後の子育ても、体力がなければやっていけない。産むのは自分なのだ。

 

そのため、無理なく行える簡単なセルフケアをお伝えして、習慣化するように指導し、本人もそれらを楽しんで行った。その後は極めて順調にマタニティライフを過ごし、たまに腰が重い時があるものの、元気に妊娠後期を過ごした。

 

お産は予定日より早まることはなく、予定日通りに元気な赤ちゃんが生まれた。産後は継続的な骨盤ケアを行う予定である。

 

※症例について

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。

 

他の【妊婦の腰痛】の症例を読む

 

妊婦の腰痛対策はこれだ!歩けないほど腰が痛い妊娠中のあなたへ

今日の予定
タップしてLINEで予約する HOME