妊婦整体・産後骨盤矯正 症例集

妊婦 逆子(骨盤位)

妊婦の逆子(骨盤位)【症例8】横浜市 港北区日吉

 

【症例8】

30代 横浜市 港北区日吉 

 

【初回】

2017年5月 

 

【症状の特徴と経過】

第一子。ネット検索により32週目に予約。主訴は逆子。不妊治療で赤ちゃんを授った。妊娠前から現在まで、鍼灸を週に一度受けている。また自宅でも自分でお灸をしているが、未だ逆子が改善しない。つわりは、ほとんどなかった。朝方に足がつることがある。また、むくみが少し気になるが、足湯をするとよくなる。視力は悪く、コンタクトを常用。仕事では、一日中PCを使っている。お通じはよい。 

 

【既往歴】

特になし 

 

【施術の内容と経過】

各種テスト・検査後に活法の腰痛パターンの膝裏の凝りとりと外腹斜筋の導引を行った。その後、足三里(左)、大腰筋の牽引(左)を行った。施術中は、赤ちゃんにかなり動きがあり、特に足三里の押圧の際には大きく動き、本人も押されていてすごく気持ちがいいとのことであった。また、肩甲骨周辺の硬直をゆるめるための手技を施した。 

 

【著しい効果が見られた活法など】

膝裏の凝りとりの導引(左右)、外腹斜筋の導引(左)、足三里(左)、大腰筋の牽引(左)、肩回し(左右) 

 

【まとめと考察】

仕事中は、コンタクトを装着し、丸一日パソコンを使っているとのことで、目の緊張がかなりある様子であった。セルフケアとして事前にお伝えしていた「目の蒸しタオル」がとても気持ちよかったらしく、目を温めるとリラックス出来たと本人から報告があった。 

 

逆子の要因は、複合的な要因が絡まっていて、一義的に特定することは出来ないが、目の疲れ・緊張が何らかの形で関与している場合が多くみられる。この方の場合も、日常的にかなり目を酷使しており、逆子へのアプローチとしては有効ではないかと考えている。 

 

また左足三里への軽い刺激が気持ち良いらしく、とりわけこの部分の調整中にお腹の赤ちゃんは大きく動いた。次回の病院の検診時にどのような結果が出ているか、経過報告を待ちたいと思う。追記:施術から二日後の検診で、逆子の改善が確認された。 

 

逆子を治す(直す)のは第三者ではなく、あくまで赤ちゃんが勝手に頭を下にするのである。それゆえ、いかにして赤ちゃんが頭を下にしやすい母体環境を作るかが大事になる。 

 

私たちが行うのは、あくまでそのための「お手伝い」であって、その意味で決して「治療」ではない。人が人を「治す」のではないのだ。(法律的な問題を抜きにしても)人が人を治すことなど出来ない。ただたんに、勝手に「治る」のである。 

 

※症例について

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験と、整体を受けた個人の感想であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。 

 

他の【妊婦の逆子】の症例を読む

 

逆子は整体で治るのか? 逆子改善症例も紹介

今日の予定
タップしてLINEで予約する HOME