妊婦整体・産後骨盤矯正 症例集

妊婦の恥骨痛

妊婦の恥骨痛【症例5】中央区 築地 新富町

 

【症例5】

30代 中央区 築地 新富町 

 

【初回】

2016年12月 

 

【症状の特徴と経過】

第二子。ネット検索により17週目に予約。主訴は恥骨痛と肩こり。疲れてくると、何となく恥骨の辺りが痛くなる。外回りで営業の仕事。一人目は助産院で出産したが、切迫早産で一時入院していた。お産は出血が多く(1500cc)、病院に搬送された。今回も助産院での出産を希望しているが、不安がある。だが病院の分娩台で仰向けでの出産は、絶対に嫌とのこと。やや便秘気味。 

 

妊婦の恥骨痛症例5.jpg

 

【既往歴】

膀胱炎

 

【施術の内容と経過】

各種テスト・検査後に活法の腰痛パターンの調整を行う。また恥骨筋の調整も行う。その後、骨盤全体の調整を行った。肩こりもあるとのことで、肩甲骨周りの硬直をゆるめるための手技を施した。 

 

【著しい効果が見られた活法など】

膝裏の凝りとりの導引(左右)、外腹斜筋の導引(右)、梨状筋の導引(右)、恥骨筋の導引(右)、骨盤回し(左右)、肩回し(左右) 

 

【まとめと考察】

外回りでの営業の仕事で、荷物をたくさん持って歩いて移動する機会が多く、恥骨付近に痛みを感じる状態がしばらく続いた。しかし34週頃を境に、恥骨の痛みもさほど気にならなくなった。また仕事をやめたことで、リラックスしてその後の妊娠生活を過ごし、予定日の5日前、希望通り助産院で出産した。心配していた出血はほとんどなく、無事に出産することが出来た。 

 

※症例について

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験と、整体を受けた個人の感想であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。 

 

 臨月の恥骨痛で歩けない、寝返りが辛い妊婦さんへ

 

他の【妊婦の恥骨痛】の症例を読む

今日の予定
タップしてLINEで予約する HOME