妊婦整体・産後骨盤矯正 症例集

妊婦の坐骨神経痛、しびれ

妊婦の坐骨神経痛【症例4】横浜市青葉区 たまプラーザ あざみ野

 

【症例4】

30代 横浜市青葉区 たまプラーザ あざみ野

 

【初回】

2017年5月 

 

【症状の特徴と経過】

第一子。ネット検索により38週目で予約。保育士で、もともと腰痛持ちだったが、30週を越えたあたりから腰が痛くなってきた。そして昨日から、お尻から足にかけて急な激しい痛みに襲われ、全く動けなくなってしまった。痛みは左側のみで、起き上がるにも引っ張られるような痛みがある。寝返り、少し起き上がるのがやっとで、座る姿勢が一番痛くて出来ない。また左側は膝あたりまで痺れて、力が入らない。病院へ行くにも動けないので、困っている。痺れが取れる気配もなく、範囲が広がってきてしまい、不安で仕方ない。かかりつけの病院へ連絡しても、骨盤を固定して、とりあえず様子を見るくらいしか手立てがないとのこと。病院では整形外科の受診を勧められた。 

 

【既往歴】

特になし 

 

【施術の内容と経過】

各種テスト・検査後に活法の腰痛パターンの調整を行う。これだけでかなり可動範囲が拡がった。仰向けで足を伸ばしても、きつくなくなる。また坐骨神経痛に特化した手技を施した。その後、骨盤全体の調整を行った。 

 

【著しい効果が見られた活法など】

膝裏の凝りとりの導引(左右)、外腹斜筋の導引(左)、梨状筋の導引(左)、坐骨挙げ(左)、骨盤回し(左) 

 

【まとめと考察】

歩くことが困難なため、母に家まで来てもらい、心配して見守る中で施術開始。活法の腰痛パターンの三手だけでも、かなり症状が緩和され、変化が出ていたので、本人もお母さんも驚いた様子。「さっきと全然違う!」 

 

さらに骨盤調整をした後に、立ち上がって歩いてもらうと、痺れは若干残るものの、ほとんど普通に歩けるようになった。お産まで間もないが、継続的な施術が必要である判断した。なおかつ、その上でセルフケアも行う必要があるため、これらをいくつか指導して、初回は終了した。 

 

※症例について

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験と、整体を受けた個人の感想であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。 

 

他の【妊婦の坐骨神経痛】の症例を読む

 

妊婦の坐骨神経痛対策はこれだ!お尻が痛い、歩けない妊婦さんへ

今日の予定
タップしてLINEで予約する HOME