妊婦整体・産後骨盤矯正 症例集

安産マタニティ整体骨盤ケア

妊婦マタニティ整体骨盤ケア【症例17】歩いているときなどにピキっとくる 横浜市 東戸塚

 

【症例17】

30代 横浜市 東戸塚 

 

【初回】

2017年2月 

 

【症状の特徴と経過】

第一子。ネット検索により31週目で予約。主訴は腰痛とお尻の痛み。この一週間ぐらいで、歩いているときなどに、ピキっとくるようになった。また足の付け根が疲れるとだるくなる。つわりは、かなりあった。やや便秘気味。足がよくつる。甘いものはよく食べる。だが産後の体型が気になる。音楽家。 

 

【既往歴】

特になし

 

【施術の内容と経過】

各種テスト・検査後に、まずは活法で腰痛パターンの調整を行う。その後、骨盤全体の調整を行った。可動域の大幅な変化が認められた。 

 

【著しい効果が見られた活法】

膝裏の凝りとりの導引(左右)、外腹斜筋の導引(左)、梨状筋の導引(左)、骨盤の輪転調整、骨盤回し(左右) 

 

【まとめと考察】

この方は、比較的調子はよいものの、足のつりや便秘などマイナートラブルがあった。呼吸は深く、お腹の張りもなく、とても柔らかいお腹であったが、妊娠中も演奏活動を続けているため、立っていると腰が疲れるようにであった。だが腰の痛みは初回の施術で、かなり改善された。 

 

三回目の施術の際は、腰の痛みはほとんど気にならなくなっていた。しかし、38週を過ぎた頃に風邪になり、喘息のように咳き込むようになってきた。その咳が腰に響いて、立ち上がるなどに若干の痛みが生じた。 

 

四回目の夕方に施術終了後、30分ほどで破水し、その日の夜にあっという間に産まれた。予定日の四日前であった。出血も少なく、安産であった。 

 

産後二ヶ月後から少しづつ仕事に復帰する予定のため、それまでにしっかりと身体のケアを行う予定。 

 

※症例について

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験と、整体を受けた個人の感想であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。

 

他の【安産マタニティ整体骨盤ケア】の症例を読む

 

妊娠中の骨盤ケア 安産になるための骨盤ケア方法とは?

今日の予定
タップしてLINEで予約する HOME