妊婦整体・産後骨盤矯正 症例集

産後の股関節痛・鼠径部痛

産後の股関節痛【症例2】右股関節痛。抱っこ紐で歩いているときにズキッとして違和感が出る。横浜市 東戸塚

 

【症例2】

30代 横浜市 東戸塚 

 

【初回】

2017年5月 

 

【症状の特徴と経過】

第一子。紹介により、産後六ヶ月目に予約。主訴は右股関節痛。抱っこ紐で歩いているときにズキッとして、違和感が出る。それにともない、右膝も少し痛い。また右足だけが浮腫む。 

 

【既往歴】

特になし

 

【施術の内容と経過】

各種テスト・検査後に、まずは活法の膝裏の硬縮取りを行う。これだけでも、ふくらはぎが柔らかくなり、浮腫みが改善された。パトリック検査の後、股関節の調整を施した。股関節の可動域が拡がり、動きやすくなった。その後、仙結節靭帯の調整を行うと、さらに股関節の可動性がよくなった。 

 

【著しい効果が見られた活法など】

膝裏の凝りとりの導引(左右)、股関節抜き(右)、仙結節靭帯調整(右) 

 

【まとめと考察】

産後六ヶ月で、抱っこ紐で外出する機会も増えるが、長時間抱っこしていると、腰部や鼠径部を圧迫していることがある。また産後にあまり動かないでいると、腸腰筋も縮こまってしまう。股関節の動きがよくなることで、膝の負担や浮腫みも軽減するであろう。産後6回のコースで予約。 

 

※症例について

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験と、整体を受けた個人の感想であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。

 

他の【産後の股関節痛・鼠径部の違和感】の症例を読む

今日の予定
タップしてLINEで予約する HOME