妊婦整体・産後骨盤矯正 症例集

妊婦 つわり(悪阻)

妊婦のつわり(悪阻)【症例1】横浜市 東戸塚

 

【症例1】

30代 横浜市 東戸塚

 

【初回】

2016年9月

 

【症状の特徴と経過】

第ニ子。主訴はつわり。頭痛、首と肩の凝りもある。胃がムカムカする。スーパーなどは、匂いが駄目で行けない。一人目の時もつわりがキツかった(入院、点滴)。冷えあり。8週目にネット検索で予約。

 

【既往歴】

特になし

 

【施術の内容と経過】

腹部をみると、心窩部が硬い。また左右の季肋部にも硬直がみられた。まずは腹部の調整を行った。その後、活法の胃腸の調整をし、骨盤全体の調整も行った。また肩から背中の緊張がみられたため、肩甲骨周辺の調整も行った。からだ全体がスッキリし、術前の不快感は大幅に軽減した。つわり対策の体操を指導して、初回の施術は終了した。

 

【著しい効果が見られた活法など】

腹部調整、胃の吊り上げ、骨盤回し(左右)、肩回し(左右)、脊柱のゆらぎ調整

 

【まとめと考察】

つわり(悪阻)は、ほとんどの妊婦が経験する症状の一つである。症状はいくつかのパターンに分けられるが、ひどくなると水分も取れなくなり、入院が必要なケースもある。

 

この方の場合は、初回の施術が妊娠8週目で、つわりのもっともキツイ時期であった。上の子はまだ二歳8ヶ月ということで、イヤイヤ期で手のかかる時期であり、つわりの症状の辛さも重なり、精神的にも肉体的にも、かなり疲れが溜まっていた。感情をうまく吐き出したいけど、吐き出せないような感じで、軽いうつ状態であったのかもしれない。しかし施術後、会話の中で感情が大きく揺れ動き、涙を流す側面があったが、大きな笑顔がみられた。

 

【感想】

以下は、整体後に本人からいただいたメールの感想である。

 

「今日はただただ驚きの一言でした。整体後、身体の強ばりが緩んだ途端に、先生が無意識におっしゃってただろう、自然に出てくる温かいお言葉に心まで緩み、思わず溜まっていた何かが涙に変わって溢れてきました。

 

正直、悪阻と身体が楽になれ良いと思っていました。まさか泣くだなんて、思ってもみませんでした。でも今日先生に施術して頂いて、先生とのお話を通して、自分がとても疲れていたことに初めて気付きました。

 

悪阻が辛いから、精神的にも疲れてイライラしてネガティブになっているとばかり思い、自分を責めてばかりいましたが、心がちょっと疲れていたみたいです。やはり、心と身体は一緒なのだと痛感しました。

 

先生の整体を受け、今日は最近では一番体調が良く、心も身体も軽くなったように感じました。食事も取れましたし、お水も少しずつ飲むことができるようになりました。

 

そして何よりビックリなのが、息子の反応でした。彼はプレスクールお迎え後、始終嬉しそうにニコニコで、寝かし付ける前に、こんなことを言われました。

 

「ままがかえってきてくれてうれしい!」「きょうはにこにこままだったね!」ビックリです。最近わたしらしくない日々だったことを痛感し、また涙が。それでも小さな胸で私を受け止め続けてくれてた息子に、彼の私への無性の愛を感じました。子どもってすごいですね。

 

長くなりましたが、先生に今日たくさんの「気」を頂けたことで、私自身の身体中の「気」が在るべき場所に、戻ったように感じています。正に「気に響く整体」ですね。本当に本当にありがとうございました。体操も続けてみるので、また経過を報告させてください。長々と申し訳ありません。今夜は久しぶりにゆっくり眠れそうです。あ!そういえば今足が冷えてない!ビックリです」

 

※症例について 

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験、整体を受けた方の個人的な感想であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。

 

他の【妊婦 つわり(悪阻)】の症例を読む

 

 つわりは整体で軽減するのか?自分で出来るセルフケアも紹介

今日の予定
タップしてLINEで予約する HOME