妊婦整体・産後骨盤矯正 症例集

妊婦 逆子(骨盤位)

妊婦の逆子(骨盤位)【症例3】32週で改善 横浜市 港北区日吉

 

【症例3】

30代 横浜市 港北区日吉

 

【初回】

2017年1月

 

【症状の特徴と経過】

第四子。主訴は逆子。以前から整体協会に入っていて、1~2ヵ月に1度先生にみてもらっていた。それでか上3人の子達は妊娠中のトラブルなく、お産も安産であった。だがその先生が昨年亡くなってしまい、どうしたものかなぁと思っているうちに月日が経ち、そんな中ひょっこり妊娠。いよいよどうしようかと思いつつ、今日まで来た。31週目で、ネット検索により予約。コンタクト常用。冷え、便秘、特になし。

 

【既往歴】

特になし

 

【施術の内容と経過】

各種テスト・検査後に、まずは活法で腰痛パターンの調整を行う。大腰筋の調整も行った。その後、骨盤調整を行った。各種検査の可動域の改善が認められた。

 

【著しい効果が見られた活法】

膝裏の凝りとりの導引(左右)、外腹斜筋の導引(右)、梨状筋の導引(左)、大腰筋の牽引(左)、骨盤回し(左右)、足三里の調整(左)

 

【まとめと考察】

この方の場合は、30代後半ではあったが、今回で四人目となる妊娠であった。過去の三人はみな安産。逆子になったのは初めてとのことで、予約当初はかなりの動揺が見られた。予約を入れた時点で、目の蒸しタオルや足湯などのセルフケアを勧めた。

 

母体のお腹も柔らかく、施術時は、赤ちゃんがよく動いていて、戻る感触があった。一週間後の病院の検診では、赤ちゃんの頭位が確認された。

 

以下は、いただいたメールの抜粋である。

 

「今日健診がありまして行ってきました。頭を下向きに、逆子治っていました!! エコーを見た瞬間、『(お腹の赤ちゃん)お利口ちゃん!』そして『吉村先生ありがとう~~~!!』と心から思いました。先生、ホントぉに本当にありがとうございます!」

 

だが、逆子を治したのは術者ではない。あくまでも赤ちゃんが勝手に頭を下にしたのである。

 

また、お産も安産であった。

 

「本日男の子出産しました。いざ陣痛から産まれるまでがとても早く、安産だ安産だとスタッフの皆さんが笑っていて、本当に吉村先生のおかげさま様です!!!吉村先生、ホントにありがとうございました!!!!!」

 

※症例について 

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験と、整体を受けた方の個人的な感想であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。

 

他の【妊婦の逆子】の症例を読む

 

逆子は整体で治るのか? 逆子改善症例も紹介

今日の予定
タップしてLINEで予約する HOME