妊婦整体・産後骨盤矯正 症例集

安産マタニティ整体骨盤ケア

安産マタニティ整体骨盤ケア【症例8】初産で三時間のお産 江東区 亀戸

 hibikiseitai101.jpg

 

【症例8】

30代 江東区 亀戸

 

【初回】

2015年12月 

 

【症状の特徴と経過】

第一子。主訴は特にないが、仕事復帰のことを考えて、産後の骨盤調整をしたいという気持ちから、妊娠32週目の時点で予約。左側のお尻にもともと痛みがあったが、6ヶ月目ぐらいから痛みは消失。コンタクトを常用。明朗活発で、ダンスのインストラクターのため、運動神経がよい。

 

【既往歴】

特になし。

 

【施術の内容と経過】

各種テスト・検査後に、まずは活法で腰痛パターンの調整を行う。その後、骨盤調整を行った。若干、肩から肩甲骨周辺にかけて硬直・緊張がみられたので、それを緩めるためのいくつかの手技を施した。6回のコースで予約。 

 

【著しい効果が見られた活法】

膝裏の凝りとりの導引(左右)、外腹斜筋の導引(左)、梨状筋の導引(左右)、骨盤回し(左右)、肩回し(左右) 

 

【まとめと考察】

もともと身体をよく動かすダンスのインストラクターということもあり、一般的な妊婦よりも身体運用能力が高い様子であった。とはいえ初産婦であり、お産に対する不安な気持ちは、やはりあったと思う。38週を過ぎる頃には、動くと動悸や息切れが生じるようになった。お産中も使えるリラックス法や呼吸法を伝えた。

 

その後は順調に過ごし、お産もあっという間に進み、病院についてから約三時間の安産であった。本人は「お産が楽しかった」とのこと。産後2ヶ月ほどで少しづつ、ダンスの仕事に復帰した。定期的なメンテナンスを、コース終了後も続けた。今回のケースでは、パートナーの協力も大きかったように思う。

 

※症例について

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例、および感想は、あくまで響気整体の経験、整体を受けた個人の感想であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。

 

他の【安産マタニティ整体骨盤ケア】の症例を読む

 

妊娠中の骨盤ケア 安産になるための骨盤ケア方法とは?

今日の予定
タップしてLINEで予約する HOME