妊婦整体・産後骨盤矯正 症例集

妊婦の腰痛

妊婦の腰痛【症例2】お腹の張りも 横浜市戸塚区 東戸塚

 

【症例2】

30代 横浜市戸塚区 東戸塚

 

【初回】

2016年10月 

 

【症状の特徴と経過】

第二子。第一子の産後から尿漏れがある。妊娠中期から腰痛とお腹の張りがある。またからだ全体の重だるさがある。たまに骨盤ベルト(トコちゃんベルト)を着用。

 

【既往歴】

特になし

 

【施術の内容と経過】 

各種テスト・検査後に、まずは活法で腰痛パターンの調整を行う。その後シムス位にて骨盤調整を行った。骨盤周辺の筋肉の硬直が緩和し、また腰背部から首肩の緊張も抜けた。各種検査の可動域の大幅な改善がみられた。それにともない、一回の施術で痛みが消失。その後、メールで「すごく楽に動けているので、次回も楽しみです!」との報告があった。9回のコースで予約。産後はメンテナンスで継続。 

 

【著しい効果が見られた活法】 

膝裏の凝りとりの導引(左右)、梨状筋の導引(左右)、外腹斜筋の導引(右)、骨盤回し(左右)、肩回し(左右)、骨盤の輪転調整 

 

【まとめと考察】

妊娠中後期の腰痛は、多くの妊婦の女性にみられる症状ではあるが、その原因は様々なケースが考えられ、一義的に特定することは難しい。 時として心理的な要因が関係することもある。

 

今回の場合は、義母の介護などもあり、肉体的な疲労のみならず、精神的な疲労もあった。そのため、からだ全体の硬直・緊張をゆるめる「揺らし系」の施術は、とりわけ有効で、術中・術後かなりリラックスできたようである。活法はリラクゼーションを目的としている施術ではないが、妊娠中に気持ちよさや心地よさを感じることは、とても大事である。 

 

妊娠中は順調に過ごした。しかし予定日よりも遅れたこともあり、3,700グラムを超す赤ちゃんだったが安産であった。産後も継続的なケアとメンテナンスを行い、順調な回復をみせている。また、パートナーの協力も大きいようだ。ちなみに、第一子のときにあった尿漏れは、第二子の今回、報告はみられていない。 

 

※症例について 

同じ症状であっても、効果・結果には個人差があります。また、このページの症例は、あくまで響気整体の経験であり、施術の一般的な効果を意味するものではありません。

 

他の【妊婦の腰痛】の症例を読む

 

妊婦の腰痛対策はこれだ!歩けないほど腰が痛い妊娠中のあなたへ

今日の予定
タップしてLINEで予約する HOME