インタビュー・対談

響気整体が共感する方へのインタビュー

 

このインタビュー企画は、妊産婦さんに関わるお仕事をされている方で、響気整体が共感する方や、子育て支援や産後ケアに積極的に関わるような活動をされている女性を中心に行っています。

 

インタビューを始めた動機はいろいろありますが、乳幼児教育や産前・産後の女性と赤ちゃんの幸せを願う同業者間の横の「つながり」が築けたらいいなという思いが、一つの大きな理由です。

 

産前産後のボディケア教室、マタニティヨガ教室、ベビーマッサージ教室など、表面的な方向性は異なるとしても、赤ちゃんや子どもたちの未来を思う気持ちや、仕事のベースにある「想い」は、共通する面があるのではないかと思います。

 

たとえ異なるジャンルでも、いろいろな形でコラボレーションをすることで、繋がりを深め、ともに響き、ともに笑い、赤ちゃんと女性の新しい未来を照らしていきたい…。

 

2011年以降、地震大国であるこの日本では、大きな震災が何度かありました。また福島では原発の事故もあり、放射能の影響などを考えると不安な気持ちになられた方も多かったと思います…。

 

そして、これからもまた同じような規模の災害は、都心でも、そう遠くない未来にあるかもしれません。

 

日本の景気はなかなかよくなりませんし、少子化問題や保育施設不足による待機児童問題、教育費の高騰やマタニティ・ハラスメント、妊娠・出産の高年齢化、不妊症の増加、産後クライシス、乳幼児の虐待など、夫婦間や子育てをめぐる問題は、本当に山積みです。

 

また、弱い立場にある方や、自分と異なる思想や思考を持った他者への、差別的な感情や暴力的な言説が、社会全体に蔓延しているように私には感じられてなりません。

 

それでも、その一方で他者に対する「思いやり」や「慈しみ」を失わない、強い「ミッション」を持った方たちがいます。新しい社会をつくるために、決してコミュニケーションを諦めずに、絶望せずに地道にコツコツと活動されている方たちもたくさんいます。

 

私はそういう方たちと、繋がりを深めていきたいと思っています。

 

日本の明るい未来を信じて、そしてより良い社会を築いていくために、一人ひとりが協力しあっていくことが、何よりも大事だと思います。

 

私は日本の社会をほんとうの意味で変えていくのは、(政治家とか行政ではなくて)一人ひとりの女性だと思っています。

 

「妊娠・出産・子育て」という命の誕生の根源的なところから、私たちが現代に生きる意味を問い直し、そして日本の政治や教育を根本的に見直していく必要があると思っています(と言うといささか大げさですが、心から本気でそう思います)。

 

私たちは、命のバトンを「未来の他者」である子どもたちに、繋げていかなくてはなりません。私たち大人は、未来の子どもたちの可能性を育てていく必要があります。

 

そんなわけで、赤ちゃんの誕生前後の生活に関わるお仕事をされている女性で、響気整体が共感し、応援する方へのインタビュー・対談をお届けしたいと思います!

 

(Facebookなどでもシェアしていただけると、とても嬉しいです。また、私にもインタビューをしてほしい、吉村と対談したい、我こそは、という方は、お気軽にご連絡くださいね。響気整体では、何らかの形であなたとコラボレーションができたらいいなと思っています)

 

 

DSC00018-1.jpg

vol.3 三門久美子さん(産後ドゥーラ)

  

 

kobayashi3.jpg

vol.2 小林睦子さん(SVAHA)

 

 

takemura.jpg

vol.1 竹村絵実さん (サラママヨガ)

今日の予定